namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~

4/26りんごの安室Finallyを迎えました。
大阪
場所は京セラドームです。
会場内暑くてあつくて、汗だくでの鑑賞でした。
倒れなくて良かったです…。


大阪2
今回はアリーナCで鑑賞でした。
北海道と同じくらいのステージ端で、花道は遠くないけど近くもない感じでした。
でも香港以外はアリーナで観ることができました。
すごいよすごいよ!
2回も2列目で観れたし。
すごいよすごいよ!


大阪3
可愛らしい振りを渋めの顔でやるところとか、『a walk in the park』で無表情にデコ触るところとか、暗転してから小さく手を振るところとか。
なんでやねん!てことすら愛おしいです。笑
3時間、観ているだけも足だるだるでしんどいですよ。
それなのに歌って踊って。
ほんとに尊敬します。
こう思える人が今後出てくるでしょうか。
氷室さんおらんなったし、吉井さんイエモンいったし(今年ソロツアーあり)、林檎さんは誠か否か、そろそろ裏方に回りたいと云っているとか…。


最後のMCは北海道よりも更に長めでした。
毎年ライブでファンに会うのが楽しみだった。
ファンとたくさん思い出を作れて嬉しかった。
(ちゃんと覚えていないので美化しているかも)
こんな感じのことを話してくれました。
安室はウルウルしてたし、こちらも涙なしでは聞けませんでした。
こちらこそ、安室奈美恵さんに会えて楽しかったし嬉しかったです。
毎年のライブが励みになっていました。
いつまでも応援しています。


20周年の時はガッチリした印象でしたが、痩せましたよね。
残りの公演も、怪我事故のないことを願っています。


5公演りんご自身もやり切ったし、満足です。
これだけグッズを買ったのも初めてです。
大阪4
けれども6月の東京直前で当たったら嬉しいし、9月あたりにまたライブがあればいいなと思っています。
FC歴10年以上限定ライブとかありませんかね。
同行者ゼロで個々に申し込めよってやつ。
にわか以外で盛り上がりたいです!


大阪5
京セラではワンバルーン取れました。
20周年の時のはどこへ行ったのかしら?


3月4月と奈美恵休暇を5日もらいました。
この日の大阪ですら『会社からギリギリで間に合うと思うんですけどねー』と話すと『休めばええやん』と言ってくれる上司。
理解ありすぎます。ありがとうございます。
まあ仕事1人でやっているので、休んだぶん自分が苦しむだけですけどね。


溜まっているブログを上げたら、香港と北海道行脚を載せたいと思っています。

友近ワイド劇場

昨日は友近ライブに行ってきました。
今年もチケットが取れて良かったです。
満席御礼なので、もっと公演増やしてくれたらいいのになあ。と思います。



ゲストはバッファロー吾郎A・ロバート秋山・ズンの飯尾さん・シソンヌじろう・渡辺直美
会場によりメンバーは変わります。
前半は友近ネタとユニットコントでした。
珍しく西尾一男がVTRではなく、NGKに生出演しました。ウケる!


後半は土曜ワイド劇場、それも江戸川乱歩の美女シリーズをパロッた友近ワイド劇場です。
渡辺直美は土曜ワイド劇場を見たことないと言っていました。
りんご家では親が毎週のように見ていたと思います。
家政婦は見た!をりんごも一緒になって見ていましたもの。


70年・80年代を忠実に再現とのことでした。
バッファロー吾郎Aが棒読みやなあと思っていました。
昔の大御所は抑揚なしだそうで、そういうところも再現していたようです。
じろうて誰や?と思いましたが、名演でびっくりでした。
ここでも吉原ネタをぶっこんでくる友近ウケます。
毎回自分のやりたい事をやって、それを客に見てもらう。
この友近精神に賛同します。
だって結局おもしろいから。


今から安室京セラへ行ってきます。
今日がりんごのFinallyです。

namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~

安室北海道へ行ってきました。
2daysのうち初日に参戦です。
北海道
初めて来ました札幌ドーム。雨の札幌ドーム!
ミラクルが起きまして、中国に続いて2列目で観ることができました。
中国は日本人枠でしょうし、札幌の2列目はまた違った嬉しさがありました。
ステージの端でしたが、『CAN YOU CELEBRATE?』と『Chase The Chance』とあと1曲くらい?は端まで来てくれて泣きました。


今回はやっと国内公演なので、安心して向かうことができました。
それは安室も同じなのか、アジア公演とは全然表情が違いました。
ニッコニコでソーキュートでしたよ。
その笑顔に毎年りんごは幸せを感じてきたんです。


アジアツアーに花道はありませんでしたので、ドームは別物として楽しむことができました。
場所的に花道へ行かれたら、なかなか見づらいですね。
そうなるとモニターが頼りです。


この日はとっても調子が良かったようです。
でもイヤモニは度々触りますので、もっと合うイヤモニ作れへんの?と思いますね。
こんなこと今までなかったわけですし、合わないなら合うもの作ればいいんですし。


歌う前にベルトをキュキュッと直したり、曲終わりにガッツポーズしたことに自分で照れたり、アンコールで投げたタオルが取れなかったり。
なんだよかわええなーという場面に度々出会えました。
Finallyの最後で安室が涙を流していたから、もうFinally聞けないです。泣いてしまう。
もう、とってもいいライブでした。
ライブ一つ一つをずっとずっとずっと、忘れずに覚えていたいです。


MCはアジア公演より少し長めでした。
ファンだけでなく、ダンサーさん・スタッフの方・バンドメンバーの方への感謝を伝えてくれました。


北海道2
銀テープは取れましたけど、風船はまったくでした。
来週の大阪では、会場限定のCDを買おうと思います。
ラストの大阪、楽しみます!


この日の安室、ダンサーのHOSSYとジャレすぎでしたよ。

namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~ in Asia

安室中国から2週間で安室香港でした。
香港
2daysのうち2日目だけ当選しました。


香港2
会場の香港コロシアムです。ホテルから4駅目で、30分あれば来られます。


香港3
あゆT着た人が紛れ込んでいますよ。笑


香港4
座席にはバナーが置かれていました。
早々にかばんへしまってしまいましたが、MCの時にこれを掲げてくださいという意図だったようです。
香港のファンの方は他にもプレゼントを用意してくださっていました。
開演3時間前にでも行けばもらえたのですが、昼寝をしていて中途な時間に目覚めたため諦めました。
青黄緑のリボンは、Heroのジャケットで安室が持っていたものです。
これで応援しようというのも、香港の方のアイデアです。


座席は9列目です。
香港5
とはいえ、アリーナは15列ほどしかなく9列目はスタンド1列目なんです。
なんのこっちゃ。
ステージからほぼ中央の席で、小さい会場のため程よく近く感じました。


この日の安室も調子が良さそうで、キラキラしていました。
香港のファンの方が盛り上がっていて、会場の一体感がすごかったです。
音楽は国境を超えるとはこのことか!
とってもとっても楽しいライブでした。
アンコールはいつもは奈美恵コールですが、この日はNEVER ENDの大合唱でした。
これも香港の方のアイデアです。
安室愛を感じますね。


最後の挨拶は、前日では泣いてしまったようですがこの日は涙を堪えて話してくれました。
日本のライブではどうなるんやろ。。。ドキドキです。
香港6
中国の新聞は買って来れなかったんですが、香港の新聞は買えて良かったです。
今週末の安室北海道も愉しみます!

namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~ in Asia

深セン
安室のラストツアー、アジア公演が3/17中国深センから始まりました。
2daysで当初は初日のみチケットを取っていました。
ですが台湾公演のチケットが取れなかったこと、中国はFC枠で3次募集まであったことから、両日行くことを決めました。


深セン2
この中国に限っては、よっぽどチケットが売れなかったようです。
2次募集ではチケットぴあでも購入可、3次募集ではチケボでも購入可でした。
結果、両日行って良かったです。
初日はイヤモニの調子が悪かったのか、たびたび歌うのを止める場面がありました。


深セン6
座席は初日はアリーナ2列目でした。
ステージ中央よりで、いわゆる神席ってやつです。
でも近いなりに遠いんですよね。(贅沢な)
3次募集で当たった人は、当日現地でチケット引渡しでした。(こうゆうパターンもなかなかなくって気に入った)
初日を3次で取った方は、スタンドだったそうです。
4万出してスタンドかあ…。りんごも諦めていましたが、2日目もアリーナで観ることができました。
初日(土曜日)より2日目(日曜日)の方がチケットの売れ行きが悪かったんですよね。


中国の趣票というチケットサイトは、座席指定ができるようです。
ですのでアリーナにはアジア系の方もいましたが、やはり日本人が多かったのではないでしょうか。
周りの日本組と話をしましたが、1人は国内全滅。もう1人は名古屋1日だけ取れた。
とのことで、りんごは恵まれているほうだと感じました。


中国の方がステキなプレゼントをしてくださいました。
深セン3
ツアービジュアルのチケットフォルダーは、各日2500枚ずつ用意してくださったようです。
配布場所を二転三転したので、ちょっと疑いました。すみません。
そして初日には、黄色いバラをアリーナ全員に。
2日目はフラッグをこれまたアリーナ全員に用意してくださいました。
黄色いバラは、Finallyのジャケットで安室が持っています。
花言葉は『笑顔で別れましょう』だそうです。そんなのムリよ!


しかしその中国の方々、公演中の盗撮のヒドイこと!
なぜか1列目に中国人警備員用のイスが用意されていました。
日本ならスタッフは観客側を見ますが、そのイスはステージ側を向いていまして。
その警備員は1曲目だけはやる気があったようです。
立ちで見る観客に『Sit down!』となぜか懐中電灯で目潰ししてきます。笑
え。中国のライブは座って観んとあかんの?と思いましたが、2曲目からは普通に立ってOKでした。
そしてその警備員は普通に観客化。
一緒になって盗撮していました。
なんてこった!


安室はカッコよく見せるところは見せて、カワイイところはプリプリッとして。
両方似合うし、見せ方の巧さに長年魅せられてきました。
それって元のビジュアルが優れているだけじゃないでしょうし、ひたむきに努力してきたんだと思うんです。
ダンサブルな曲はもちろんですが、振りのない曲でも自然に体の動く様もとってもすきです。


初日はダンサーさんも近くで観れましたし、その迫力と一体感に圧倒されました。
かっこいーなあ。
しかしどうもステージが暗転しきらないのか、曲間でそれぞれの移動が見えていましたね。
安室が走って掃けて行くのも見えました。
あっ衣装替えね!って感じです。


名古屋初日に音漏れ参戦しときながらなんですが…。
それ以降はネタバレ防止にと、セトリや衣装は極力目に入らないように努めてきました。
衣装は今回は、まだ良かったです。(一つ変なのあり)
いつもより衣装替え多めで楽しませてくれました。


深セン4
りんごは初日は今回のツアーTシャツ、2日目は敢えての13年前のライブ『Space of Hip-Pop』のラグランTシャツにしました。
というのも2005年以降、安室Tシャツは全く買っていませんでした。
あまりカワイイと思うのがなくって…。
でも同じラグランTを着ている方がいて、うれしかったです。


深セン5
このタオル、初めは気付かなかったんですが『I♡FAN』って入っているんですよね。
やだ泣いちゃう。
ライブの本編最後の曲で、安室の足元からこの『I♡FAN』オブジェがせり上がってきました。
その時に『これだけ忘れないで』の歌詞に合わせて、そのオブジェを力強く指差していました。
やだやだ泣いちゃう!


最後なのでMCがありました。(中国語翻訳あり)
『今日はライブに来てくださってありがとうございました。
去年発表いたしました通り、9月16日に引退させていただきます。
皆さんの素晴らしい毎日の中に、素晴らしい音楽が溢れていくように心からそう願っています。
最後にこの場所でコンサートができたこと、心から感謝しています。
25年間ほんとにほんとにどうもありがとうございました。
最後は笑顔で。
みんな元気でね。
バイバーーイ!』

いつもの『また遊びに来てね』が『みんな元気でね』に変わっていました。
やだやだやだ泣いちゃう!!


小室さんの楽曲では中国の方も大合唱です。
もうすっごく楽しかったけど、なんだか色々寂しいです。
りんごはあと3回参戦できるので、その時々の時間を大切にしていきたいと思います。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

りんご嬢

Author:りんご嬢
京都生まれの京都育ち。
でも市民ではないよ。
ちょっと外れの京都府民。
街が好き。
パンが好き。
甘い物も好き。
そもそも、食べることが好き。

最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
QRコード
QRコード