スイス旅行 Hotel Restaurant Rössli

マイエンフェルトにもホテルはあるのですが、りんごはその隣駅のバートラガッツで最後の1泊をしました。
スイス202
バートラガッツ駅 山が見える〜。


ここバートラガッツは温泉地で、クララが療養に訪れたそうです。
そんなこと聞いたら、ミーハーりんごは便乗しますよ。


バートラガッツ駅にはコインロッカーがありました。
スイス203
スーツケースが十分入る大きいサイズが6つあります。
マイエンフェルトにはロッカーがないので、ハイジ村へ向かわれる方はここに荷物を入れていくのもいいですね。


りんごのリサーチ不足で、駅からホテルまで15分ほど歩きました。
なんとなくネットで地図を見て、『駅から近そう』と思ってしまったのです。
スイス204
こちら三つ星ホテルです。フロント女子が超絶美人さんでした。なんかはづかしいっす…。


スイス207
りんごの部屋はセント・ジュリアン。笑


スタンダードダブルルーム  窓が大きくって明るいし部屋は広いし。
スイス205
無料のWi-Fiはサクサク快適です。ベッドの上には、トブラローネのチョコが♡


水回りもすっきりキレイ。奥はシャワールームです。
スイス206
こちらにもリンス的なものはなし。歯ブラシもなし。


朝食は8時からで、またもや食べられませんでした。スイスの朝はゆっくりです。
スイス208
各フロアの一角にはこのようなスペースがあり、コーヒー・紅茶・お水・フルーツがサービスでした。


これって何気に重宝します。
スイス209
ありがたく最終日の朝は、朝フルーツしました

スイス旅行④日目 ハイジ村 ハイジヒュッテ

スイス177
ハイジハウス前の、こちらの道から上る!


スイス178
上る!


スイス179
上る!


スイス180
ワシのモニュメント


ここで雨が降ってきました↓↓↓ 朝から曇ってたしなあ。まあ、すぐ止むかな。
と思っていたら、だんだん本気で降りだしました。


スイス181
説明板が2~12まであります。これはハイジが『山が燃えてるわ!』って云ってるやつね。


スイス182
ハイジ・ペーター・おんじの木像


スイス183
そういやおんじ、よく木を切っていましたよね。ハイジのイスを作ってあげたりね。


スイス189
どよよよ~~ん。。。


シーズンであればこの辺り、まだ人通りはあるのでしょか?
この日はりんご、一人っきりです。なかなかの心細さです。
1台の車が横を往復しましたが、そこそこ怖いです。
でも、治安の良いスイスやから大丈夫!と、自分に言い聞かせて歩き続けました。


スイス184
標識的には右。


スイス185
でも先は茨の道。


えっっ…。
スイス186
★これは牛よけゲートでした。この横に、人間が通れるすき間がありました。あせる…。
あの標識を鵜呑みにせず、左へ行ったほうが賢明のようでした。


もうこの山超えて、目的地が見えなければ引き返そう。。
スイス187
と思いつつも、ここまで来たのに引き返せないっ!


見えたーーーっっ!アルムおんじの家!!
スイス188
超感動……涙で視界がボヤけます。゚(゚´Д`゚)゚。
てか、横っちょに車止まってますけどっ!いきなり現実っ!!笑


スイス190
この牛がのっそのっそ付いて来たんやけれど。


このヒモから中には入ってこんの。おとなしくって超かわい~。
スイス191
ナデナデしたい気持ちを抑えます。


最終章はハイジアルプ
スイス192
ハイジハウスから1時間45分かかりました。


スイス193
おんじはおらんかったけれど、優しいお二人(夫婦?)が出迎えてくれました。


甘々アイスティ3.5CHF≒300円
スイス194
こちらもキャッシュオンリーなので、持ち金で足りる物を。笑


スイス195
部屋の中は、こんな。


スイス196
外が騒がしくなったな…と思ったら、牛達が集まってきた~。


スイス197
きゃわいいっ!!


辺りはすっかりガスってまして、山を下りるのが憂鬱で仕方ありません。
この時点で15時半です。駅に着くのは17時まわるな…。と思っていたら、ここのお母さん。
スイス198
『歩いて帰るの?雨降ってるから、おじさんの車で駅まで送ってもらえば?』と言ってくれます。
ちょうど飲料の配達に来ていた、おじさんの車に乗って行くよう促してくれたのです。
『ナイスマンだから大丈夫よ』と、お母さん。すっごいすっごいうれしいっっ!
そのおじさんも『いいよ、5分だけ待って!』と言ってせっせと働いてはりました。


遠目から…お父さん・お母さん・配達のおじさんの3ショット。
スイス199
ここには30分ほどしかおれんかったけれど、とっても温かい気持ちになれました。
毎日毎日、よりスイスが大好きになります。
ここでのお別れは、最後までお母さんが手を振って見送ってくれました。


配達のおじさんはドイツ語オンリーなので、車内ではジャパニーズならではの愛想笑いしかできませんでした…。
おじさんがガムをくれたので、りんごも日本のガムをプレゼントしました。コーラ味のやつですけど。笑
マイエンフェルトの駅へは30分ほどで着きました。あっとゆーま!
日本人的には、車下りるときに『ありがとう』と云って、さらに下りてからも『ありがとう』と云いません?
そのつもりでいたらおじさん、りんごが車下りたらさっさと走りだしたからね。
白人さん、ほんっとドライ。笑


おじさんのお陰で、無理だと思っていた駅近のハイジショップへ行けました。
確かここは17時までなんですよね。
スイス200
気づけば疲労感ゼロ!ハイジヒュッテのみなさま、ありがとうございましたっ!!

スイス旅行④日目 ハイジ村 ハイジショップ~ハイジハウス

スイス156
さて、先を急がなければ。


スイス157


スイス201
スイスでは、水飲み場をたくさん見かけました。これぞアルプスの天然水☆


スイス158
壁画も度々見かけました。オシャレよね。


スイス159
ブドウ畑


マイエンフェルトはワインの産地です。
スイス160
今頃は、たわわな実をつけていることでしょう。


スイス161
のどかでこれと云って何もない道のりです。


あ。あったわ。
スイス176
カエルがふまれてぺっしゃんこっ!


駅からずっと、標識を頼りにやって来ました。
スイス162
1番下の、ハイジのイラストを目当てにです。この画像ではちっちゃくて見えませんね。


ハイジホフ(ホテル)ツアーさんは、ここまでバスでやって来るのです。
スイス163
そしてこのホテルのレストランで食事を摂るのでしょう。
りんごもその予定やったけれど、カフェで暇こいてしまいました…。


スイス164
おんじ?


スイス165
バンビ!色んな動物に遭遇できてうれしい♡


スイス166
マイエンフェルト駅からランチを除き、約1時間でハイジハウスに到着。


スイス167
やだ泣きそ!


スイス174
てかここは、日本人がハイジハイジ言うもんやから作られたそうです。


スイス168
まっ、それもいいよね!


ハイジショップ
スイス169
ハイジグッズが売っていまして、ここで5千円くらい使ったようです。
たいしたもん買ってないのに…? あっ、切手代か↓


ここにもポストがありまして、投函するとハイジの消印を押してもらえます。これが届くのに、ちょうど1週間かかりました。
Heididorfスタンプは、ショップのおばちゃんが『押していいのよ』と教えてくれたので自分で押しました。
スイス175
宛名は無理してアルファベットで書いたのですが、『JAPAN』さえ記入すれば他は漢字でいいのだとか?


ハイジハウス(博物館)
スイス170
入場料7CHF≒600円 チケットは、ハイジショップで購入します。


スイス171
ハイジ時代の生活を、再現しているそうです。


スイス172
様子のおかしいハイジ&ペーター ホラー的要素ありでしょ。笑


ツアー客は、ここまで来たら大満足。
スイス173
でも、りんごは山を上ります!

スイス旅行④日目 グリンデルワルト~マイエンフェルト~CAFE RATHAUS

この日は、ハイジ村のあるマイエンフェルトへ移動します。
楽しみやけれど、グリンデルワルトを離れるのがさみしい!


朝のアイガー
スイス140
ガスってるアイガーもいいじゃない。


夕暮れのアイガー
スイス141
初日のみ雨が降らなかったため、見られた光景。


ハイジに云わせれば『山が燃えてるわ!!』
スイス142
この山は結局、名前わからずじまい。


グリンデルワルトは観光地だけれども、やっぱり長閑な一面も。
スイス143
ヒツジがモケモケでかわいいの!


ここには、日本語観光案内所があります。
スイス144
りんごも一度お邪魔し、山登りのルートに無理がないかお尋ねしました。
パラグライダーの予約もここでするのです。ただネックなのはこちら、18時で閉店ガラガラ。


りんごが行ったのは6月だったので、そこまで観光客は多くないのだと思われます。
『グリンデルワルトは日本人だらけ』と口コミを見たけれど、『だらけ』ではなかったから。
時折り日本語が聞こえると『おっっ!』と心強くさえ思ったものです。


マイエンフェルトへは、インターラーケンオスト・シュピーツ・ベルン・チューリヒ・サルガンス
計5回乗り換えて、4時間の電車移動でした。
スイス145
ここサルガンス駅でWCへ行こうと思ったら、初の有料WC。
どこにお金を入れるのかわからんし、あんまりWC内を触りたくもないので諦めました。


着いたよ、マイエンフェルト。
スイス146
わ~いわ~い(´∀`人)


駅前にはハイジマップ。
スイス147
大興奮!


スイス148
馬車☆(**≧艸≦)


中央の建物の感じがとっても好きで。写真を撮っていたら、レストランやったらしくシェフ登場。
スイス149
手を振ったら(白い服の人、手を振ってるのわかります?笑)
『前に回った方がいい写真が撮れるよ!』と言われたので行ってみます。


毎回書いてますが、りんごは疲れきっておりまして。おまけにこの日もタイトなスケジュールですので。
少しでも歩く距離を短縮したいのですが…。笑


でも、前に回ったらほんまにステキ。
スイス150
こうゆう石感がたまらなくスキ。


そこから少し行くと、他の方のブログで見た光景。
スイス151
マイエンフェルトに着いて、15分あまりでカフェに入ってしまいました。


だってここにはケーゼシュニッテがあったから。
スイス153
ケーゼシュニッテ18.5CHF+ビール4CHF≒1900円
これで2千円?今さらながら、スイスは物価が高いんです。


ハイジが食べていた、チーズ乗せパン。の、豪華版。
スイス154
このチーズがビックリ美味しい!
そしてやっぱり濃ゆいから、ピクルスが合う!


スイス152
ヨーゼフここにおったんか。


しかしこのカフェ、カードが使えず持ち金足りず。
スイス155
戻った所の銀行に行ってこいと言われる。しかもカバンを置いてけと…。
逃げへんわ!



てか。銀行閉まってる時やったらどうなったんやろ。そう考えると末恐ろしい…。

スイス旅行③日目 ベルン

お昼にバッハアルプゼーからグリンデルワルトへ戻りました。
スイス111
とっても疲れているので、気の迷いがありながらもベルンへ向かいます。


インターラーケンオストで乗換え、1時間半の電車移動。
スイス112
食堂車で食べたリゾット。またもやコメにパン、なんでや。
リゾット22CHF+ビール5.2CHF≒2300円


ベルンは、町並み自体が世界遺産なのです。
スイス113
その町並みとは相反する近代的なベルン駅。


スイス114
旅猿で、岡村さん達がはしゃいでいた噴水。


スイス115


スイス116
銀行


スイス117
カジノ


第一目的地 大聖堂
スイス118
とっても背が高いのです。カメラを地面スレスレにして撮っています。
下部が全然入っていませんけれども。


この辺りから雨が降り始めました。
スイス119
初日以外は、夕方にパラッと雨が降る傾向にあったようです。


大聖堂の中は、ステンドグラスがとってもキレイ。
スイス120
いっぱい写真を撮ったけれど、毎度いいのがありません…。


スイス121
左前方にちょこっと見える、パイプオルガンも必見だそうです。


さて。ここから塔に上ります。
スイス122
大聖堂に入るだけならノーマネー。尖塔へ上るには要5CHF≒400円。
ここはキャッシュオンリーでした。


上には…とっても素敵な景色が待っていました。
スイス125
アーレ川とキルヒェンフェルト橋。右上の丸っこい屋根は連邦議会議事堂。


地球の歩き方と、同じショットいただきました~っ。
スイス124
ここが頂上やと思って1周したら、まだ上がありました。


老体に鞭打って、階段344段を上りきりましたっ。
スイス126
高い…。


すご…。
スイス127
相当疲れたけれど、上って良かったと思える景色。ずーーーっと眺めていたい…。
でも先に進みます。名残惜しいっ!


スイス128
旅猿でジミーさんが、行くのを渋っていたクマ園。うん、まあ確かに。


スイス129
クマ氏は4頭ほど目撃しました。


てかクマ園は、バラ園までの通り道なのです。ついでです。
スイス130
小さい左の標識が、バラ園を指しています。


スイス131
ストレートに上り坂。


第二目的地 バラ園
スイス132
ここも旅猿で来ていました。


スイス133


スイス134
やっぱりピンクがかわいいですね


スイス135


ここ、バラ園からの眺めも評判だそうです。でも大聖堂のが勝ちですね。
スイス136
左上、突き抜けているのが大聖堂です。


スイス123
ベルン、来て良かったです。


スイス137
スイスは山も町も素晴らしいことを体感できました。


スイス138
そこの女子2人、この風景に合いすぎやろ。


正面に見えるのは時計塔。
スイス139
ちょうど18時でしょ。からくり時計を見たい気持ちはあったのですが、もうこの距離を走る気力はありませんでした。。。


このあと寄ったMIGROSで、レジのおにいちゃんが『Have a nice evening!』と言ってくれました。
そのレジで、りんごの後ろに並んでいたおねえさん。
りんごのデジイチに興味を持ったようで
『どこのメーカー?』『品番は?』『その色いいわね、ピンク!』など、話しかけてくれました。
うれしかったなー。
もう、スイス大大大すき!

スイス旅行③日目 バッハアルプゼー

スイス92
快晴!


ゴンドラに乗り、バッハアルプゼー(山上湖)へ向かいます。
スイス93
グリンデルワルトは、山登りの拠点となる村なのです。


スイス94
勝手に乗ってね、てきな。


スイス109
山だ!

スイス95
滝だ!


スイス110
家だ!


スイス96
牛だ!


スイス97
フィルスト到着。


ここから歩きます。
スイス98
標識的には50分の道のりを、1時間半かけて行きました。なんでや。


スイス99
地味に上りでそこそこハードです。


しかし絶景が待っているのです。
スイス100
シュレックホルン・フィッシャーホルン・アイガー・ユングフラウ グリンデルワルトの町並みも見られます。
スイスたまらんっ!


中央に見える茶色い物体は、アルペンマーモット。
スイス102
前を行く日本人カップルが教えてくれました。わぁ~~見られてうれしいっ!


スイス101
なかなか激しく水が流れていました。


ぬかるんだ道をソロソロ歩いていると、手を差し伸べてくれる白人男子。
かっこいっ!
ゆうても15歩ほどをエスコートしてもらい、お礼を言うと『You are welcome』と、サラッと去ってゆかれました。
えらいアッサリしてますね。ちょっとくらい襲ってくれてもいいんですけどね。笑


目的地到着。
スイス103
バッハアルプゼー ここまで来るときは無風状態やったのに…ここに来て風が……。
逆さシュレックホルンならず。


スイス105
こっちは山が映りこんでるんですけどね。


ちょこっと山、映ってます?
スイス104
いやいや、こんなもんじゃないのです。
30分ほど粘ったけれど風おさまらず。仕方なく引き上げました。


フィルストからは、旅猿でも乗っていたこれにライド オン。
スイス106
フィルスト・フライヤー 


ここが乗り場です。スタッフは、グラサンかけてた兄ちゃん。
表情がわからなかったけれど、写真を撮ってくれるときにグラサン取ったらとびきり男前でした。
スイス107
そのイケメン兄ちゃんにベルトで体をぐるぐる巻きにされ、ゴンドラの駅1駅分を滑り落ちてゆきます。
この絶景の中を…。もっ気分爽快!

スイス旅行②日目 ヴェンゲンアルプ~グリンデルワルト

スイス91
ヴェンゲンアルプを過ぎると、だんだん雪山が見えなくなります。


りんごの脳内にはこの短時間で、山=雪山と云う概念が植え込まれてしまいました。
スイス70
だからなんだかさみしー。


スイス71
カウベルが吊るしてるよー。と、欧州男子が教えてくれました。


スイス72
そうそう、この方の息子さんね。


スイス73
こんな、おもちゃみたいに見えていた(撮った)ヴェンゲン。


スイス74
ようやく到着。ランチをしてから1時間半ほどかかりました。


スイス75
山で出会った高山植物の一部です。


スイス76
ホテルですかね、かわいいなあ。


スイス77
こうゆう建物、シャレー風って云うそうです。


ヴェンゲンからグリンデルワルトへ。もうクタクタです…(´・ω・`)
スイス79
ここからロープウエイ&ゴンドラ&電車でグリンデルワルトまで戻ります。


デジイチの充電池は既に切れています。
電池2つ持って行ったのにな~。
なので、この辺りの写真はデジカメ仕様です。
まあ腕がないので違いはわからないでしょう。


スイス80
まずは、ロープウエイでメンリッヒェンへ。


ここは360度大パノラマの景色。
スイス81
らしいけれど、疲れすぎて180度くらいしか見ていません。もったいない!


左からヴェッターホルン・シュレックホルン・アイガー。
スイス82
って、アイガー見切れてるやんっ。
ほんと、何の山かわからず撮っているからこうゆうことになるのです。無念その2。


続いてゴンドラでグリンデルワルトグルントへ。
スイス83
ここの切符売りのオヤヂが、スイスで出会った唯一のウザキャラでした。


いや、ただ無愛想やったってだけですが。
スイス89
そこに見える、黄色いゴンドラはレアキャラです。赤が主流なのです。


スイス84
グリンデルワルトグルント駅 家畜臭い駅…。


スイス85
と思ったらヤギ大量。華奢でかっわいー。


カウベルの音色が心地よいのです。
スイス86
もしゃりもしゃり。


スイス87
ステキなお家やなあ。


ここで随分と電車を待ちました。
スイス88
この待ち時間のお陰で、パラグライダーの予約ができなかったのです。


19時頃ホテルに戻り、テキトーに部屋で夕食を済ませてしまいました。無念その3。
スイス90
なぜなら翌日はもっと帰りが遅くなり、2日連続テキトーな部屋食にしてしまったからです。
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

りんご嬢

Author:りんご嬢
京都生まれの京都育ち。
でも市民ではないよ。
ちょっと外れの京都府民。
街が好き。
パンが好き。
甘い物も好き。
そもそも、食べることが好き。

最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
QRコード
QRコード