台湾旅行②日目 高雄食べ歩き

台湾2日目は高雄へ。
せっかく4泊するのに、台北だけでは?と思い南下しました。
台湾28
メイドインジャパンの新幹線で、終着駅の左營へ向かいます。


切符を買うのは、またもや筆談。
『左營 標準車廂 全票1張』=『左營までの普通指定席 大人1枚』の意味です。
窓口のお姐さんが、超べっぴんさんでした。同じアジア人やのに…うらやましいぞっ!
台湾29
これが新幹線の切符です。
『背面朝上 挿入票口』=『裏側を上にして改札に通す』せっかく予習して行ったのに、焦って活かせず…。


台湾30
朝の指定車内は空いていましたが、夕方はそこそこ座席が埋まっていました。


直達車(途中4駅通過)で行ったので、約1時間半で左營駅に到着しました。
台湾31
空港と云われても納得してしまいそうな、広くてキレイな駅です。


ここからMRT(地下鉄)に乗り換えます。高鐡=台湾高速鉄道(新幹線)です。
台湾32
左營駅は、新幹線と地下鉄の駅が併設されているのです。
台湾鉄道の新左營駅も併設されているんでしたっけ、たしか。


高雄目的の一つがこちらです。世界でもっとも美しい駅、第二位の美麗島駅。
台湾33
うっわぁーーーっっ。感動が溢れます。たまらんっ。


祈りを表現した『光之穹頂(The Dome of Light)』と題したステンドグラスだそうです。(Wikipediaより)
台湾34
写真を撮る人でいっぱいですね。りんごも周りを4周くらいして、たくさん撮ってきました。


よく見れば、シュールな絵だったりするんですけどね。
台湾35
名残惜しいけれども、先へ進みます。


鹽埕埔駅へ移動です。楽しみにしていたランチ1軒目は、鼎泰豊より美味しいとも云われるこちら。
台湾36
永和小籠湯包  左のメニューを写真に撮り、それを見ながら指差し注文しました。(メニューは3種類だけですが)
食事をいただくのは、写真右の店先です。

お運びのおばちゃんは鼻クソだらけでイカツかったけれど、店主さんはとっても優しい顔をしてらっしゃいました。


台湾37
小籠湯包 55元/猪血湯 25元(≒240円) 小籠湯包だけだと170円くらいです。安い!


小籠湯包の名の通り、小籠包よりスープたっぷり。そのスープがじゅんわり出てきて、あっつあつで美味しいです。
鼎泰豊本店はこの翌日行ったけれど、結局両方美味しかったです。ただ、熱々の持続性はこちらのが上でした。
台湾56
猪血=豚の血を固めたもの  りんごは豚のレバーと思っていたら、血液でした
でもこれ全く臭みはなく、何の味がするわけでもなく。プリン♪とした食感でした。なんなら、もっかい食べたいです。


台湾42
なんだか乱雑だけれども、こうゆう雰囲気を楽しむのも乙なもんです。


2軒目
台湾43
米糕城  店前のテーブルでいただきました。いいねいいねぇ。


台湾44
米糕=おこわ  甘いおこわでした。
タン(湯=スープ)は?と聞かれたのですが、もう1軒行くのでお断りしました。


台湾49
派手なお寺ね。


スイスの景色があまりに素敵だったので、どうせアジアやろ。と、あまり期待せずに行ったのですが。
台湾50
アジアの街並みも素敵です。


台湾57
すきです。


台湾45
カラスミ通り?


地球の歩き方に載っていたこちらで、カラスミを購入しました。
台湾46
正味珍烏魚子専門店


台北のお土産屋さんではただ売っているだけですが、高雄ではこうやって作るところが見られるのです。
台湾47
けっこうグロいですけれどね…。


3軒目は高雄で粽と云えば、の、こちら。大行列ですねー。
台湾52
郭家肉粽  駅から遠いかと思っていたけれど、歩いてみればどうってことなかったです。


台湾53
肉粽 30元/猪脚湯(豚足入りスープ)50元
醤油のたれとピーナツパウダーがかかった粽はデッカくて、肉も入っているわけですしさすがにヘビーでした。
スープには豚足ゴンロゴロ。食べたかったものが全て食べられて幸せです。


お腹いっぱいになったので、さんぽ~。
台湾54
台湾八景の一つ、愛河です。


台湾51
ラブ・リバーやて。


この日は台湾5日間のうち、唯一と云っていいほど天候に恵まれた日でした。
晴れていれば、台湾は1月でも日本の秋くらいの気温ですね。


フラフラ散歩してても誰にも気にとめられず、ネコにも気にとめられず。笑
台湾55
心地よいです、台湾!

台湾旅行①日目 九份ナイトツアー

『千と千尋の神隠し』のモデルになったと云われる九份へ。
こちらは楽しみにしていたスポットの一つです。
九份へ行くなら絶対に夜!
でも夜に行くと、帰りの台北市内行きのバスに乗るのが大変。だそうなので、ツアーに参加しました。
年末+日曜日なこともあり、この日は9台のバスがツアーに出ているとのことでした。


台北市内からバスで、1時間ほどで九份に到着。
ここ九份は『雨の九份』と云われるほど雨が多いようです。
でも、この日は幸運なことに雨は降らず。(台北市内は降ったり止んだりでした)代わりにとっても寒かったです。


着いたらまずは、約1時間の自由時間でした。
『ここで迷子になると、ブタになりますよ』とガイドさん。。。

よしっ。取りあえず、アレを食べよう!
台湾13
賴阿婆芋圓


台湾14
芋圓(タロイモ団子)50元  白玉みたいにもっちもちで、とっても美味しい!下には小豆が沈んでいました。
この芋圓で温まり、散策開始!


このショットを撮る人、大量でした。
台湾17
ここ、けっこう階段が急なんです。りんご母は連れてこられへんなあ。


台湾12
この提灯が千尋の世界ぽいですよね。


台湾19
その右の建物が湯屋だそうです。


ほれ。
台湾20
てか、湯屋のベストショットを撮っていないという…(/ω\*)


台湾15
ここはガイドさんオススメの撮影スポット。


台湾18
このお店は映画『悲情城市』の撮影地になったそうです。


前にマヨブラジオで来ていたこちらのお店。
台湾21
花文字を描いてもらいますっ!


好きな文字と定型文?を選びます。りんごのはこちら。
自分の名前を書いてもらいました。全てはお見せできませんので…『鶴』です。
一文字では伝わりにくいですが、全貌はとってもカワイイのです。
台湾22
お店のお母さんに『コレ名前?アナタノ名前?』と聞かれまして、そうだと云うと定型文は決めてくれました。
それが名前横の『幸福美麗』です。
『コレ一番イイ。幸セ』とのことでした。
額入りで250元(≒750円)なんです。安いと思いません?
ガイドさんは5分で描いてもらえる。と話していましたが、りんごが行ったときは15分くらいはかかりました。
ツアーの方は、余裕を持って行かれたほうがいいですね。


台湾26
九戸茶語2号店 こちらで食事(軽食)です。


他のツアー参加者と、円卓を囲んでいただきました。
台湾27
どれも無難なお味です。


バスへ乗り、台北市内へ戻ります。
台湾23
饒河街夜市 ここでの自由時間は40分でした。


台湾25
大人気の胡椒餅


取りあえず、人だかりです。
台湾24
片道約400mの所に色んなお店がずらっと!
1周しようと思いましたが、集合時間が迫ってきたので途中で引き返しました。


このツアーは、ここから3パターンありました。
●ここ饒河街夜市で解散する方
●ホテルまで送ってもらう方
●紹介してもらったマッサージ店へ行く方
りんごは、ホテルへ送ってもらうパターンを選択しました。


集合からホテル着まで5時間弱のこのツアー、3700円でした。(今、見たら4400円に値上がっています)
ガイドさんは一生懸命やってくださり、楽しく過ごせました。
また九份に行きたいなあ。。。

このブログは、『千と千尋の神隠し』を観ながら書きましたっ。

台湾旅行①日目 関西国際空港~台湾桃園国際空港~丸林魯肉飯

1度やってみたかった海外での年越し。今年叶えました。
panelimg.jpg
4泊5日 台湾の旅です。


通常は自宅から京阪→JRの最安コースで、関空へ向かいます。
しかし今回は早朝5時台に家を出ることもあり、時間短縮のためラピートを利用しました。
台湾
快適以外の何モノでもないっ。


スイスから戻った6月に、早々と航空券を取りまして。
台湾Ⅱ
というのもJALで取れることを知ったときには、なんの迷いもありませんでした。


台湾Ⅲ
JALの空弁 洋食御膳


おかずは総じて冷たいですが、ご飯は温かいです。デザートのプリンはモンシュシュ。
台湾Ⅳ
まだ朝の10時ですが、当然の如くビールを飲みます。


11時半、桃園空港着。
台湾Ⅴ
この空港も時計はロレックス(勞力士)ですね。関空の時計はどんなやっけ?


ここからバスで台北市内へ移動です。ここ桃園空港は台北市じゃないんですってね!
台湾Ⅵ
りんごの取ったホテルへ行くには、長栄バスが1番良いのではないかと。


『捷運 民權西路 全票 1張』と書いた紙を見せて切符を購入しました。
『捷運=MRT(地下鉄) 民權西路=駅名 全票=大人 1張=1枚』それぞれ、そうゆう意味だそうです。
150元(≒450円)
台湾Ⅶ
バスの中で係員が半券をちぎるのですが、りんごの元へは2回やって来まして。
その2回目に『半券しかないやん、切符買ってき』みたいなことを、中国語で言われまして。(多分)
『アンタ切ったやん』と英語ぽく云ってみましたが、伝わっている気配はなく。
そばにいた中国語を話せる日本人が何か言ってくださり、事なきをえました。
いきなり台湾の洗礼、ありがとうございます。


最寄駅からホテルへは、90度違う方向へ歩いていまして。
おかしい…と思い、道を聞いた男子2人がホテルまで連れて行ってくれました。
途中で道がわかったので、もう大丈夫。と言っても最後まで連れて行ってくれたのです。
多謝。


ホテルではチェックインまであと1時間!と言われたので、荷物を預けてランチへ。
魯肉飯(ルーロウファン)で有名なお店がホテルのそばにあるのです。
台湾Ⅷ
丸林魯肉飯


台湾Ⅸ
まずは、ここでおかずを選びます。指差し注文可です。


台湾Ⅹ
そして席に着いて魯肉飯を注文。


台湾って、どこも食事の提供時間が早いっ!ものの2~3分で揃いました。
台湾11
魯肉飯(豚のそぼろご飯)はホワッと八角の香りがしますが、りんごは気にならないです。むしろ美味しい♡
ハマグリスープは生姜がいい塩梅に効いています。トマトと卵の炒めも違和感のないお味でした。
これ3品食べても約270円。台湾では、ローカルな食事処ではお安く食事がいただけました。

キルフェボン 京都

歯医者終わりでキルフェボン。
キルフェボン
ちょうどお昼どきだったので空いていました。


キルフェボンⅡ
輪花型 イチゴのティラミス〜ミルクティ風味〜 735円/アールグレイ 525円


スポンジにマスカルポーネクリームと、ミルクティを染み込ませているそうです。
キルフェボンⅢ
底の茶色いのはチョコレートでした。

雀おどり總本店

ここへ来たら、いつも同じ物を頼んでしまいます。
雀おどり總本店
わらびクリームあんみつ(黒蜜) 800円


雀おどり總本店Ⅱ
ここのわらび餅が大好きです♡

スパゲッティハウス シェフ

久々のナゴヤ飯。
シェフ
まだ出会ったことのなかった物をいただきます。


あんかけスパです。
シェフⅡ
シーフード(カニコロ&貝柱&エビフライ) Aセット(ドリンク・サラダ) 1100円


お皿で出してもらうか、鉄板かで選べます。りんごは鉄板で。(+50円)
鉄板には卵が薄く引かれているので、麺パリになりません。
シェフⅢ
味は忘れてしまったけれど(いつものこと)違和感なくいただいた、あんかけスパでした。
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

りんご嬢

Author:りんご嬢
京都生まれの京都育ち。
でも市民ではないよ。
ちょっと外れの京都府民。
街が好き。
パンが好き。
甘い物も好き。
そもそも、食べることが好き。

最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
QRコード
QRコード