マルタ旅行まとめ

マルタ199
いつもと変わりない朝。それは特別な朝。


マルタ186
短い滞在でしたが、普段出逢わない風景を前にりんごの目はキラキラしていたと思います。
毎日が感動!


マルタ187
現実主義でかなり冷めたタチですが、まだまだピュアな心残ってんなー。ピュアソウルやなー。
と、良き景色を目の前にすると気付かされます。それは海外に限らず日本でも。


この旅で初めて用意したものズラリ。すべて便利グッズでした。
マルタ196
Wi-Fiルーター  これまで海外ではフリーWi-Fiでしのぎましたが、初めてレンタルしてみました。
6日間トルコとマルタで使用でき、3Gで5580円でした。
快適ですね。電源付けっぱだと、4hほどで電池切れとの噂ですが。
渡航国の変換プラグも付くのがウレシイです。


マルタ195
左上:モバイルバッテリー
左下:国際キャッシュカード  マルタは両替所があまりないみたいでして。
実際、空港内でも発見できませんでした。どこにあったんやろ?
このカードがあれば、ATMから現地通貨を引き出すことができます。
右:USBポート付AC充電器 iPhone+USB+2口コンセント
アイホン・モバイルバッテリー・カメラ。と、あと何か一つの充電が一度にできます。
これまで海外では一つずつ充電していたので、とっても時間がかかっていたのですけれども。
これ、早く買っておけば良かったです。


マルタ198
バスの7daysパス、21ユーロです。
夏場の昼間に限って、バスは2h2ユーロで乗れるんですけれど。
バスに乗るたび時間見て焦ってお金を用意するのは嫌なので、これを買いました。
マルタ島とゴゾ島両方で使用できます。元が取れたかは不明です。


マルタ188
郵便局へ自分宛にハガキを出しに行きました。


マルタ189
そこで買ったもの。


開店早いが閉店も早い。
マルタ190
ここで出したハガキは2週間ほどで届いた気がします。しかし消印が押してなくってショックでした。
海外発送の意味あらへんやん。切手貼って持って帰ってきたようなもんやん。


ほぼスーパーで買ったものズラリ。
マルタ193
海外のレッドブル、こえ~けれども買ってみました。
クノールのスープは主婦へ。メイドインイタリーでしょうけど。


マルタ192
左のクラッカーは安全パイで購入です。
マルタは土産最適品が少ないとのことでしたので、帰りの空港で良品が無ければこれを会社で配ろうと思っていました。


マルタ194
でも空港で、ええのんがありました。
バレッタにあるCafe Cordina(カフェ コルディナ)のクッキーとチョコレートです。
チョコを会社で配りましたが上々でした。


航空券代   77,880円
ホテル代   64,606円
海外保険    3,880円
食事代    13,441円
交通費     4,852円
入場料     5,709円
土産代    12,917円
Wi-Fi     5,580円
総プライス 188,865円

20万いかなんだ!


マルタ197
ナゾの漢字タトゥー【実】


次、アジアを出ることがあればアメリカに行きたいなあと思っています。
(いまのところ。気はコロコロ変わるので)
ロサンゼルスで氷室さんに会いたい!

マルタ旅行⑤~⑥日目 マルタ空港~アタトゥルク空港~関西空港

マルサシュロックから15時半頃ホテルへ戻りました。
マルタ182
ホテル1FロビーのWCで化粧を落とし、空港へ向かいます。
16時半頃、Malta transferが無事ピックアップしてくれました。


マルタ18:55の便で、まずはトルコへ参ります。
マルタ183
左上のはきゅうりヨーグルトです。
プレーンヨーグルトに刻んだきゅうりを入れ、ミントで香りづけされています。
これ激マズでした。でも隣の中東系の女性は平らげていましたのでね。
食文化の違いってやつですか。


トルコのアタトゥルク空港は、アナウンスがうるさくってうるさくって。
文句を云いつつ小1時間寝ていました。寝れたんや。


さて。関空へ向かいます。機内に入ったら眠いー。
マルタ184
でも機内食たべるまで寝てなるものかー。


食後すぐ寝ましたが、映画1本分に満たないくらいで起きてしまいました。
帰りは疲れからよく寝れるはずなのですが、今回はさほどでした。
行きのほうがよく眠れた気がします。
しかし行きも帰りも関空⇔トルコは空いていたので、横になれただけでも良かったです。


ラスト機内食
マルタ185
なんだか気分が優れず、ほとんど食べられませんでした。
帰りの3食はメインが似たり寄ったりでしたし、ターキッシュエアの機内食は期待したほどではなかったように思います。


なんだかんだ18:15関空着で無事帰国しました!
乗り継ぎもあったしそろそろロストバゲージを危惧していましたが、それも回避できました。
良かったよかった。

マルタ旅行⑤日目 Tartarun Fish Restaurant

マルサシュロックでマルタ最後の晩餐です。
マルタ171
漁村の町ですので、もちろんシーフードをいただきまーーす。


マルタ172
シスクビール 2.20ユーロ  マルタのビールです。


マルタ173
この、勝手に出てくるパンにハズレなし。


マルタ174
エビのカルパッチョ 12ユーロ  エビ何尾分でしょうか。


マルタ175
オリーブオイルとレモンが振りかけられています。
エビはねっちょり甘くてうまいです。うまいーーー。



マルタ176
白ワイン 4.50ユーロ  メイドインマルタです。


マルタ177
シーフードパスタ 12ユーロ  パスタはリングイネ。


マルタ178
ムール貝・ハマグリ・タコにエビ。パスタの竜宮城や~~。


デザートも勧められたのでいただきます!
マルタ179
cassata(カッサータ) 5.50ユーロ  シチリア発祥のアイスケーキです。
リコッタチーズに砂糖漬けしたフルーツやナッツ、チョコなどを混ぜています。


食べかけゴメン。
マルタ180
アイスケーキと云えど、アイスクリームではないです。
濃厚なクリームの中に、いろんなフルーツの味がして楽しいです。


マルタ181
カフェラテ 1.50ユーロ  illy(イリー)のコーヒーです。
カフェラテにはココアパウダーをかけるのが、こちらの主流なのでしょうか。


合計37.70ユーロで、4500円ほどです。
最後の晩餐らしく、旅中で1番贅沢な食事でした。

マルタ旅行⑤日目 マルサシュロック

さて帰国日です。
チェックアウトを済ませ荷物をフロントに預け、最後の観光です。

漁村の町、マルサシュロックへ向かいました。
バレッタから81番または、85番バスで40分ほどかかります。
ネットでもバスの時刻を調べることはできるのですが、バス停で見るそれとは度々違うことがありました。


マルタ160
ブッシュとゴルバチョフがマルサシュロック海上の船の上で行った首脳会議を、マルタ会談と云います。


マルタ161
それによって冷戦が終結しました。
昔、習ったような気がしますね。


マルタ162
そんな歴史を背負った町です。


マルタ163
船についているタレ目は魔除けです。


マルタ164
ちょうど船に色付けしているところに遭遇しました。


マルタ165
カラフルな扉のアパートメント。


マルタ166


マルタ167


マルタ168
日曜日AMにはサンデーマーケットが開催され、マルタ島近郊で採れた生鮮食品、
衣料品、お土産などが売っているようです。


マルタ169
りんごが行ったのは土曜日でした。
それでもお土産屋さんや衣料品はずらりと並んでいました。


マルタ170
騎士団の置物買ったったー。2.5ユーロ 300円くらいなもんです。
なかなか華奢なので心配でしたが、無事日本へ持ち帰ることができました。

マルタ旅行④日目 ゴゾ島

さて、観光です。
ゴゾ島では2ヶ所しか行っていませんけどね。
バス移動なので仕方ありません。

マルタ144
チタデル(大城塞)へ向かいます。
ネットで知り得た道順で行こうとしましたが、途中で廻り道しろと云われまして。


マルタ145
裏門から入りました。


わーー。
マルタ146
この城壁の美しさにウルウルきました。


マルタ147
失礼しまーす。


マルタ148
ゴゾ大聖堂 入場料4ユーロ


ここで写真を撮っていたら、白人のおっちゃんに
『スペシャルなカメラやなー』云われまして。
『メイドインジャパンやで!』云うたらウケました。
そこからもそのおっちゃん、ペラペラ喋り続けまして。
『おっちゃんのカメラはSONYの1.2メガピクセルでWi-Fiで飛ばせるし、smallやからポケットに入る』
と、この程度だけなんとか聞き取れました。


マルタ150
大聖堂の中に入りました。


マルタ149
天井画がこれまた美しいです。


マルタ153


ここの1番の見どころはこちら。
マルタ152
騙し絵のクーポラです。なんでも、クーポラを作るお金が無かったのだとか。
考えたね。


マルタ151
ここの床も墓碑でしょうか。
大理石って、カラフルだと云うことをマルタへ来て初めて知りました。


マルタ154
チタデルをグルッと1周して、ゴゾ島の景色を堪能しました。


マルタ155


ヴィクトリアのバス停へ戻るまでの風景です。
マルタ156
直感で、すき!と思いました。


ヴィクトリアから311番バスに乗って、15分ほどで Dwejraへ到着です。
マルタ157
アズール・ウインドー


マルタ158
自然が作るこのワイルドさ。


マルタ159
数千年の風と波の浸食によって作られたこちら、近い将来崩れてしまうんですって。
アーチ上に人影が見えるんですよね。こわ~~。


ゴゾ島からマルタ島へ戻るフェリーは大行列でした。
日帰り観光の方が多いので、やはり夕方は混雑するようです。

マルタ旅行④日目 Cafe Jubilee

コミノ島を後にしましてゴゾ島へ向かいます。
マルタ133
足で操縦するんかいっ。in ジャパンならツイッターで拡散されますわ。


ゴゾ島上陸です。ここでタクシーの客引きに遭いますが、バスを待ちました。
マルタ134
301番バスでゴゾ島中心地のヴィクトリアへ向かいます。
このバスは3~40分に1本しか走っていません。


マルタ135
ここから見える景色が既にステキですわ。


15分ほどでヴィクトリアのバスターミナルに到着しました。
マルタ136
バスの本数は少ないけれど、座れないことはほとんどありませんでした。
その点は救われたと思います。


マルタ137
まずはランチを。


マルタ138
何かと気にかけてくれる、イケメンにいさんがおりましたよ。


マルタ139
ビール0.75ユーロ(90円) やたら安いと思ったら、やたら小さいだけでした。


マルタ140
RABBIT 12.75ユーロ(1530円)
ここではラビオリを食べようと向かったのですが、この日のオススメにうさぎが入っていまして。
うさぎはマルタ名物ですので、思わずそれにしてしまいました。


マルタ141
肝心のうさぎは、ほぼ食べるところがありませんでした。笑
カレーっぽいスパイシーな味付けです。
そしてこの大量のイモですよ。フレンチフライなら食べきる自信があるのですがね。


マルタ142
Apple & sultanas pie 3.75ユーロ(450円) レーズン入りのアップルパイです。


マルタ143
カフェラテ 2.25ユーロ(270円) 小汚い見た目ですよ。でも旨いです。
イタリアっぽくビスコッティが付いてきて、東洋人上がるの巻。

マルタ旅行④日目 コミノ島

マルタ共和国はマルタ島・ゴゾ島・コミノ島から成っています。
この日はその離島2つへ参りましょう!
ツアーがゴロゴロあるのですが、個人で立ち向かいます。


スリーマフェリーのバス停から222番でCirkewwa(チェルケウア)へ向かいました。
1時間ほどで到着です。
マルタ118
バスを降り、ゴゾ島へ向かう方はこちらの建物へ。


マルタ119
りんごはまず、コミノ島を目指しますのでこちらへ。


チケット売り場で元気に
『I want to go マルタ→コミノ→ゴゾ→マルタ today!』と申し伝えましたら、呆気なく『OK』いただきました。
1日で自力でコミノ島とゴゾ島へ向かった情報が見つけられなかったので、少々不安だったのです。
マルタ131
マルタからコミノ島へのフェリーは10ユーロです。
このチケットの裏側に、コミノ島→ゴゾ島へのフェリー会社の名前・そして乗船時間が記入されていたのです。
なんて親切なのでしょう。


マルタ120
コミノ島からフェリーがやってきましたよ。(左)


並んでいた順にフェリーへ乗り込みました。
マルタ121
濃緑ですね。海底が見える!


マルタ122
紺碧ですね。


マルタ123
コミノ島はすぐそこです。乗船時間は20分ほどでした。


マルタ124
スカイブルーに変わりました!あがる~↺↺↺


コミノ島上陸です。
マルタ127
パラソルを借りるのは有料です。売店もあるし、シャワーもありました。


マルタ125
この日はちょっと曇っていたんですよねー。


チャンネーいるバージョン
マルタ126
白人さんてガンガン焼くので、りんごのが白いんじゃね?と思うこともありました。


マルタ128
水が透明なので、船が浮遊して見える写真が撮れるようなのですが。


マルタ129


マルタ132
これはそれらしく見えますかね?


マルタ130
地中海に足を浸して満足です。


滞在時間40分ほどでした。泳ぐわけじゃないので充分です。
それでは続いて、ゴゾ島へ向かいましょう!

マルタ旅行③日目 Fratelli La Bufala

マルタ113
ピザを食べにきました。
ここの店員さんも優しかったです。


マルタ114
赤ワイン 4.50ユーロ  メイドインマルタです。


マルタ115
カプレーゼ 10.50ユーロ  いわゆるカプレーゼがピザに乗っています。
大きさが伝わらんけれども、これデカイです。そして激美味でした。
日本であまりピザを食べたことないけれど…日本のそれとは全て違うと感じました。


マルタ116
水牛のモッツァレラチーズが、どどんと125グラム!
そのチーズはとってもフレッシュ!
トマトは甘々で、そこにバジルのクセがいいアクセントになっていました。
ピザに開眼してしまいそうです。


マルタ117
カンノーリ 4.95ユーロ
リコッタチーズにリモンチェッロ(レモンのリキュール)を加えたクリームと、チョコレートがワッフル生地に巻かれています。
これ食べたかったやつー。イタリアっぽいやつー。


総額2400円ほどで、かなりの幸せ気分を味わえました。
ピザだけですと、1200円くらいです。
マルタはヨーロッパの中では物価が安いほうだそうです。

マルタ旅行③日目 ラバト

マルタ101
イムディーナと隣り合わせの街、ラバトです。


マルタ102
マルタはどこへ行ってもはちみつ色の世界です。
ステキです。


マルタ103
出窓の家が多いんですよね。それもカラフルでかわいいです。
子供の頃、出窓のある家に憧れていました。


マルタ104
ラバトはカタコンベ(地下墓地)の街です。
こわいし行くつもりはなかったのですが、見つけてしまったので入りましょう。


マルタ105
聖パウロ教会と洞窟


マルタ110
教会部分を観まして。


マルタ111
いよいよ地下へ参ります。


マルタ112
いや、すでにこわいから。


マルタ106
こわいこわい。


マルタ107
こわいこわい。


マルタ108
こわいこわい。


マルタ109
こわいこわい。


後ろから誰かの足音がするのを確認して行ったのですが、こわいもんはこわいのです。

マルタ旅行③日目 イムディーナ

イムナイドラ神殿を出て、201番バスでラバトに向かいました。
このバスは1時間に1本なので、バタバタ観光となったのです。
乗車時間約45分でうつらうつらと気持ちよく到着しました。
ちなみにこのバスにはジャパニーズカップルも乗っていました。


ラバトとイムディーナは隣接されている街です。
まずはイムディーナへ。
マルタ89
イムディーナの正門です。


ランチしまーす。
マルタ90
Trattoria AD 1530  アウトサイドでいただきました。


マルタ91
エビ・アスパラガス・ほうれん草のフェットチーネ 11.75ユーロ/ビール 4.75ユーロ 合計で2千円ほどです。


マルタは食事量が多いらしいので、スターターサイズにしました。
マルタ92
ビスクソースの上品なこと。別日にもパスタを食べましたが、茹で加減が絶妙です。
マルタはイタリアの南にある国ですので、イタリアン多数でした。


さて、観光をおっぱじめます。
マルタ93
イムディーナはマルタの旧首都です。


マルタ94
首都がバレッタへ移った今となっては、静寂の街と呼ばれているそうです。


マルタ95
聖パウロ聖堂  ここは入りませんでした。
前日聖ヨハネ大聖堂に行ったし、この翌日にも別の大聖堂へ行く予定がありましたので。


マルタ96
バスティオン広場 マルタの風景は感動しかありません。


広場からの眺めです。
マルタ100
小高い場所なので、山のないマルタでは眼下の眺めを楽しめる貴重なポイントです。


マルタ97
なんてことない小道がまたヨイのです。


夜観光も推奨されているようですが、ちょっとコワイような…。
マルタ98
だって、人通りのない暗い夜道は歩くなって云うじゃあないですか。


マルタ99
イムディーナを1周しました。続いて、ラバトへ向かいます。

マルタ旅行③日目 ハジャーイム神殿~イムナイドラ神殿

世界遺産に登録されている、巨石神殿群のうちの2つ(ハジャーイム神殿・イムナイドラ神殿 )に向かいます。
マルタ島では現在約30の巨石神殿が確認され、そのうちの6神殿が世界遺産に登録されています。

ブルーグロットからハジャーイム神殿へ向かいます。
もちろんバスなのですが、ここでマルタの洗礼を浴びました。
来るはずのバスが来ない!
ブルーグロットから歩ける距離なのですが、今回はバスに乗ります。
Zurrieqからブルーグロットまで歩いてきたので、意地でもバスに乗ります。

マルタ82
そして意地を張ったお陰で、1時間近く無駄にした気がしますよ。


マルタ81
こちらホップオン・ホップオフバスと云う、観光地を巡る乗り降り自由のバスです。
20ユーロする上に本数は少ないし、夕方までしか走っていないしで結局利用しませんでした。
りんごが利用していたのは市バスみたいなもんです。


チケット売りのおっちゃんは『アダルト?チャイルド?』とニンマリ聞いてくる楽しい人でした。
こんな感じで、りんごの接したマルタ人はたいていが優しい人々です。


3Dの説明映像を観てからスタートです。
マルタ76
ハジャーイム神殿 イムナイドラ神殿と合わせて10ユーロ
風化が進んでいるようで、テントがかけられていました。


マルタ77
イムナイドラ神殿同様、ピラミッドよりも古いと云われています。


マルタ78
どうやって穴を開けたんだって話です。


マルタ79
どうやって積んだんだって話です。


マルタ80
どうやって運んだんだって話です。


結局ガラガラ転がしたんでしょうけど、その時代巨人がいたと云う説でいいんじゃないでしょうか。


マルタ83
ハジャーイム神殿を出て、イムナイドラ神殿へ向かいます。


マルタ84
イムナイドラ神殿


マルタ85


マルタ86


マルタ87


マルタ88
意地を張ってバスを待ったお陰でバタバタでした。
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

りんご嬢

Author:りんご嬢
京都生まれの京都育ち。
でも市民ではないよ。
ちょっと外れの京都府民。
街が好き。
パンが好き。
甘い物も好き。
そもそも、食べることが好き。

最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
QRコード
QRコード