台湾旅行②日目 日月潭【伊達邵】

文武廟の次は伊達邵です。
バスを降りてダッシュダッシュー。
台中34
邵族逐鹿市集 こちらでサオ族の踊りを観ます。


台中35


台中36


台中37
観客は10人に満たず。
最後はみんなで踊ろうタイムでしたので、退散しました。


ここ伊達邵でランチをします。
なかなか食事処の情報が得られず、行き当たりばったりで向かいました。
買い喰いするタイプではないので、座れて食べられるお店。
そこそこ人の入っているお店。


目に付いたのがこちらでした。
台中38
土雞肉飯


台中39
注文したのはこちらです。


台中40
魯肉飯 40元  このルーロー飯旨いです。お肉ふわふわ。


台中41
猪血湯 35元  以前高雄で食べて、また食べたいと思っていたやつです。
豚の血を固めた物がスープに入っています。


台中42
滷蛋 30元  店の小童が一つテーブルに落とし、それを汚い手で皿に戻しました。このやろ。
もちろん、それは食べませんでした。


台中43
だって、この片付け風景を見せられたら萎えるし。小童の汚い手で触ったもん喰いたくねえし。


台中44
おそらくこのどんつき辺りから、遊覧船に乗ることが出来るはずです。
ただ次の目的地、九族文化村へはバスが有効ですのでバス停へ向かいました。
帰りのバスの時間もあり、相変わらずバタバタです。

台湾旅行②日目 日月潭【文武廟】

2日目は活動DAYです。
台中23
まずは朝食から。


会場に着きましたら、1組のご夫婦がいらっしゃいまして。
なにやら日本語が聞こえますね。
こんな台中の、有名でもないホテルで日本人に会うなんて。
とはいえりんご、他者交流を求めるタイプではないので気にせず食事を進めました。
終盤、奥さんに『すみません』と話しかけられまして。
(きたきた…。相手が日本人かを確かめるのに、すみませんと声をかけるのが常套手段です)
面倒臭いので(笑)1度はシカトしましたが、2度声をかけられましたので観念しました。
少しお話をすると愛知から来られた方で、1週間ほどで台中・台北を旅されるようでした。
いいですねー。
そしてこの日の目的地が同じでしたので、お互い情報交換をしお別れしました。
結局このご夫婦に会ったのは、この場面だけでした。


前日にお得なチケットを購入し、台中から日月潭へ向かいます。
台中24
台中のバス停で、確認せず来たバスにふらりと乗ってしまいました。
目的地に着くのか不安で、しばらくグーグルマップで現在地を確認していたもんです。


2時間ほどで日月潭へ無事到着しました。
さっそくランチをしようかと思いましたが、狙っていたお店が開店前でしたので観光します。


日月潭の観光をするのに、この遊覧バスを利用しました。
1時間に2~3本走っています。
台中25
購入したチケットで遊覧船にも乗れたのですが、今回は縁がありませんでした。


日帰りですし帰りのバスの時間もあるので、観光するのは吟味してこちらの3ヶ所です。
文武廟・伊達邵・九族文化村


いいお天気で観光日和です。やった!
台中27
文武廟


台中28
孔子や関羽などの神々が一堂に祀られているそうです。


台中29
煌びやかです。


台中30


台中31


台中32
絵馬みたいなもんですかね。


台中33
狛犬ならぬ狛獅子か。


遊覧船には乗れなかったため、日月潭をまともに拝んだのはこの1度のみです。
台中26
美しい湖ですね。台湾八景の一つだそうです。

台湾旅行①日目 幸發亭蜜豆冰

7月に台南へ行き今回台中へ行き、なにも台北にこだわることはないと感じました。
台中18
台北はMRTが発達しているので、便利さナンバーワンではありますけれどね。


台中19
豚足のあとはかき氷を食べます。


台中20
幸發亭蜜豆冰


マンゴーかき氷は終了しているようですー。
台中21
招牌蜜豆雪綿(和名:看板蜜豆のせふわふわミルクかき氷) 90元(≒320円)
マンゴーはなくとも、フルーツが乗ったかき氷が食べたかったのです。


でかすぎてうろたえました。
台中22
砂糖漬け(パイン・さつまいも・梅)・芋圓・バナナ・オレンジ・りんご・ココナッツゼリー?ナタデココ?・白玉
砂糖漬けの梅はあんまりでしたが、パインとさつまいもは激ウマでした。
そして、背後には甘い豆2種が隠れていまして。
えらい豆推しやなー思たら、そうゆう名のかき氷でした。
てか、店名からして蜜豆や云うてます。

台湾旅行①日目 阿水獅猪脚大王

台中1食目は豚足です。相変わらずです。好きなものは好き。
台中14
台北にも支店があるこちらへやってきました。
16時頃到着しまして、機内食はフルーツミールにしたもんで腹減っております。


台中15
猪脚麺線(中段) 115元(≒400円)/ビール 50元(≒180円)


台中16
台北支店では豚足がザンギリで出てきましたけれど、こちらはバッチリ原型とらえています。


そして台北支店では食べられなかったこちら。
台中17
清燉猪脳湯(豚の脳みそ入りスープ) 40元(≒140円)  理科室で見たことがあるような脳みそです。ウケる。
食感はふわふわしていて、スープは食したことのない味です。笑
クコの実と謎のキノコ?みたいなのも入っていました。
異国感

台湾旅行①日目 2016年、2度目の台湾へ

7月に台湾へ行ったところですが、10月にも行ってまいりました。
台湾で食べたマンゴーかき氷が忘れられず、10月でもギリ食べられるお店があるようなので突撃です。
今回は3泊4日で、台中2泊と台北に1泊しました。
行こっかなーやめよっかなーと、のらりくらりと1週間前に航空券を取りました。

台中
今回はエバー航空です。


機内食は選べるようなので、フルーツミールにしてみました。
台中2
グアバが青臭くて食べられませんでしたが、好物のメロンが2種類入って上がります!


台中3
往復ともに、良席が取れました。前方に人おらず。


桃園空港に着きましたらバスで高鉄桃園駅に行き、そここら高鉄台中駅へ向かいました。
ホテルは台鉄台中駅のそばです。
高鉄台中駅は台鉄台中駅に直結しておらず、台鉄新烏日駅に直結しています。
台鉄新烏日駅から3駅目が、台鉄台中駅です。
文字にするとややこしいですが、問題なく台鉄台中駅に到着しました。


台中4
到着した10/14は、こちらの日本統治時代の台鉄台中駅に降り立ったのですが。
翌15日にはその役目を終えまして。


台中5
台北へ移動する16日には、高架駅へと変貌を遂げていました。


台中6
なんだか貴重な日に立ち会ってしまったようです。


台中7
台中でのお泊まりはこちら、緑柳町文旅(リローディングホテル)です。
いやこれ、通り過ぎるでしょ。


台中8
駅まで10分とかからない好立地でした。


台中9
そしてキレイで洒落乙でした。


台中10



台中11
ダブルルームにバスタブは付いていません。


台中12
バスタブ付きのエグゼクティブダブルルームにしました。


台中13
それでも2泊1万7千円ほどでして、台中のホテルは安価なように思いました。

友近連続ライブ小説 おそかれはやかれ

東野幸治曰く『友近の単独は意地悪な人間が集まる』だそうです。なるほどなるほど。

友近
去年は朝ドラで忙しかったのか、千重子さんで忙しかったのか。
友近ハウスから2年振りの単独でした。
19時半開始の23時15分終了、長丁場でした。
長いなあと思ったけれど、友近ハウスもそれくらいやっていたようです。


NGKの座席の狭さに驚きました。あんな狭かったっけ?2階席だけ??
あそこに4時間はエコノミー症候群なりますよ。
休憩が15分あって良かったです。


ちょうど昨日が初日でして、
『大阪は劇場がなかなか取れず、いつも1日なのがねー。
 大阪は3日ぐらいやってもいいと思ってますよ』
友近云うてました。
吉本のメッカNGKを、何故もっと友近に使わせない?


ゲストは渡辺直美、バッファロー吾郎A、レイザーラモンRG、ロバート秋山、ずんの飯尾さん
芸達者な皆さんは、友近ハウスのゲスト+RGだったようです。
いまいちRGの良さが出ていなかったですね。
あの人もっとおもしろいのに。


前半は友近ネタとユニットコント、後半は友近連続ライブ小説 おそかれはやかれ。
朝ドラを舞台でやるってことです。
友近は朝ドラ女優ですからね。
観ていましたよ、あさが来た。
おそかれはやかれは、5話ぐらいはあったでしょうか。
その回ごとに、朝ドラのようにオープニングが流れる演出でした。
顔芸の上手いみなさん(特に渡辺直美)、ウケました~。


紀香イジリは今回、水素水だけでしょうか。
ずいぶんソフトになったもんです。


23時を回ったってことで、飯尾さんのコメント
『みなさん、火曜日の午前中を捨てた人ですか』笑
西尾一男のピザとは…『カロリーの高いもん!』もウケました。
西尾一男はVTR出演なのですが、出てくると会場拍手が湧き上がりました。
ああ見えて愛されキャラですねえ。


もう1公演観に行きたいのですが、日程が厳しいんですよね。
取りあえず福岡申し込んでみよ。

イノダコーヒ 四条支店B2

イノダコーヒ
シーフードマカロニグラタン(パン、コーヒー付き) 1300円


イノダコーヒ2
シーフードっつっても小エビだけでしょと思ったら、アサリも入っていました。


イノダコーヒ3
アップルパイ 480円  グラタンセットのコーヒーとともに。


イノダコーヒ4
めっっちゃ冷えてるアップルパイでした。

マルシン飯店

マルシン飯店
以前から気になっていたお店です。


マルシン飯店2
生中 650円


マルシン飯店3
八宝菜 900円/ギョーザ 300円/ご飯小 200円  謎のスープが付いてきました。


マルシン飯店4
あっとゆー間に出来上がりました。お野菜シャキシャキ。


マルシン飯店5
牛乳買って帰らなければ…。と思う、ニンニク具合でした。


冬限定と書かれた坦々麺を頼んだら、まだですと云われた11月中旬。
確かに、寒いけれどもまだ秋やな。

namie amuro LIVE STYLE 2016-2017

夏から始まった安室のツアー、ようやく参戦できました。
場所は京都会館改め、ロームシアター京都です。
いつ振りの安室イン京都でしょうか。あぁぁーうれしい。
安室
このオブジェはなんや。
光るわけでもなし奏でるわけでもなし場所取るだけやし。


久々のホールツアーですね。
ファンクラブで2公演申し込んで、一つは落選です。
ホールツアーって結局、前列得ですよね。
モニターないし、後ろは見えないですよ。
双眼鏡でガン見し続けたいけど、そうゆうわけにはいかないですから。
悩ましいところです。
てかロームシアターメインホールは、京都会館第一ホールより小さくなりましたか?
座席数は同じのようですけれども。


安室2
今回は衣装が微妙揃いでした。
毎回微妙な衣装は混じっているのですが、今回はオール微妙でした。
ちいこいハットをいつまで被らせる気でしょうか。笑


安室本人のパフォーマンスには引き込まれます。
あの存在感を感じるたたずまいが好きです。
これは毎回ですが、安室に会うと『この日のために働いてるんや』と、ふつふつと感じます。
常に目の周りが潤った状態で見ていました。


20周年の頃から感じていたのですが、安室のがたいガッチリしてきていますよね。
華奢なのは若い頃のイメージでしかありません。
まあ、それでも細いんですけれども。
しかし39歳であのかわいさ、きれいさはなんなのでしょう。
もちろん、周りの方の力も大いにあるのでしょうが。と、してもですよ。
いつまでも変わらず、憧れの存在でい続けていてくれることがうれしいです。


安室は今年も大活躍で、タイアップは『僕のヤバい妻・リオオリンピック・デスノート』
ヤバ妻でMintが流れると、ゾクっとしたもんです。
安室3
そしてセブンイレブンです。
今年は、セブンでクリスマスケーキを予約してみようかしら。

かし文

三重35
明け方の超絶下痢を乗り越えまして、こんな日はうどんでしょ。と、調べて向かいました。


三重36
鍋焼きうどん 800円  松阪牛のすき焼きが鍋焼きうどんに変わりました。トホホ。
でもお値段10分の1です。喜ぶところなのか。


三重37
やわいプチプチ切れるうどんです。
山菜が入っているんですね。


三重38
帰りのバスは津駅から乗りました。
往路は上野市までキャンペーンで千円でしたが、津からは通常料金二千五百五十円でした。
よく歩いた三重県記、完!

松阪城

三重34
大坂が大阪と変更されたことに伴い、松坂も松阪に統一されているようです。


三重27
松阪城は城壁しか残っていませんが、この城壁が感動するレベルでした。


三重28


三重29


三重30
天守閣跡


三重31


三重32


見応えありの、三重県のお城でした。
行って良かったです。

伊賀上野城と伊賀鉄道

三重でも城スタンプをもらいに行ってきました。
●伊賀上野城
●松坂城
三重はこの2ヶ所です。


三重8
伊賀流忍者博物館のある、上野公園に伊賀上野城もあります。


三重9


三重10
展示物がたくさんでした。


三重11


三重12
芭蕉の旅笠 おぉ~。これを被って日本行脚したのでしょうか。


三重27
度々、忍者を見かけました。


三重33
天井絵巻


三重
伊賀上野観光インフォメーションセンターで、みえ食旅パスポートを入手しました。
これがあれば特定の施設で、割引などのおもてなしサービスを受けることができます。


今回使用できたのは、宿泊したホテルだけでした。
三重13
ルートイングランティア伊賀上野 和蔵の宿


三重14
パスポートで水1本と、チェックアウトが10時→11時になるサービスが受けられました。


2日目は松阪市へ移動です。
三重16
ホテルの最寄駅は西大手駅です。


忍者がおわす。
三重17
まずは上野市駅へ参りまして、電車を乗り換えて伊賀神戸(いがかんべ)まで行きます。


三重18
乗り換えに空き時間があるので、上野市駅ナカ偵察です。


三重19
忍者!


三重20
忍者!


三重21
やったっ!忍者列車に乗れました~。


三重22
石畳


三重24
見辛いですが、手裏剣柄です。


三重23
忍者が走る。


手作り感満載の装飾です。車内灯も手裏剣柄です。
三重25
忍者も乗ってるはずなんやけど…と見回していたら、おった!ウケる!


三重26
忍者!

レストランito

レストランito
PUFFYライブ帰りにディナーです。40分ほど歩いて到着しました。。。


レストランito2
グラスワイン赤 450円


レストランito3
伊賀牛鉄板焼き 3300円/ライス 210円  昼に続いて夜も伊賀牛です。


150グラムの肉です。
レストランito4
美しい霜降りです。登場した途端、胸焼けが。。。笑


JYU~JYU~
レストランito5
噛み切る必要のないお肉…。贅の極みです、ありがとうございます。
この量の脂をポン酢でさっぱり吸収いたしました。


しかし、庶民の身体に昼夜豪勢な肉はNGだったようです。
夜中の吐き気を眠気で紛らせたと思ったら、明け方に引くぐらい下痢になりました。
残りの人生、WCで終えるのかしら…と不安になるほどでした。
この翌日のランチは松阪牛のすき焼きを予約していましたが、敢え無くキャンセルです。。。
ポジティブに捉えるなら…県外になかなか出回らない伊賀牛を、死ぬ寸前まで食べられて良かったです!

伊賀流忍者博物館

忍者ハットリカンゾウ ただいま参上!
忍者と云えば、ハットリくん世代です。ニンニン。

三重2
せっかくですので、その忍者に会いに行きましょう。


三重3
忍術ショー 入場料とは別途400円が必要でした。


三重4
忍具を使い、その説明をする。その繰り返しで思っていたようなショーとは違いました。
刀を使ったり手裏剣投げたりで、迫力ありです。


三重5
伊賀流忍者屋敷 からくり屋敷で、隠し扉があったりします。
昔ここに来たのはなんとなーく、覚えています。


三重6
忍者は臭いで気付かれぬよう、肉を食べなかったんですって。
うちの社長もそうしてくれんやろか。


三重7
忍者の隠語に関して、記録はほとんど残されていないようです。


大人でもなかなかに、楽しめるところでした。

焼肉ステージ 昌苑

三重までバスで往復しました。
往路は上野市までで、なんと料金千円でした。
キャンペーン期間中だったようです。


着いて早々、ランチへ向かいました。
昌苑
伊賀牛食べまーーす。


昌苑3


昌苑2
特上焼肉A(上ロース・上カルビ) 2600円/瓶ビール 570円
ランチは、ライス・スープ(お替り自由)・漬け物・サラダ又はチシャ・デザート・コーヒー付です。
デザートは写っていませんが、一片のパイナップルでした。


昌苑4
上ロース・上カルビ  口の中でトロけます。


昌苑5
ハラミ 1190円  口の中でホドけます。


昌苑6
塩レバー 860円  口の中でハジけます。

20th Anniversary PUFFY TOURISTS社で行くPUFFYTOURS ホールで覚醒

久々、四天王以外のライブに行ってきました。
PUFFY2.jpg
PUFFYです。どちらかと云えば由美ちゃん派です。笑
あのカオが好き。


PUFFYライブにはいつも警備スタッフはいないんですかね。
ありがちな『カメラ持ってませんか?』の荷物チェックもありませんでした。
ユルイですね。


PUFFY.jpg
伊賀市文化会館  この日はツアーファイナルでした。
ちなみに追加公演で、PUFFYは三重初上陸だそうです。
亜『まさか伊賀でファイナルを迎えるとわ』
由『それどういう意味?』
亜『わたしは伊賀に来たかった派だからさ。まさかここでファイナルを迎えられるなんて』笑
当日名古屋から来たので、伊賀の知識は忍者ちらししかないと話していました。
忍者ちらしをえらく褒めるので怪しいと思ったら、知り合いからの差し入れだったそう。
そりゃ褒めんならんわな。


しかしPUFFYって人気ないんですね。
会場ガラガラでした。
ノリノリやったのは、ファンクラブ会員と思われる前列7列目くらいまでです。
りんごは5日前にチケットを取ったけど、15列目でしたし。
11列目くらいからは、各列詰めずに人はまばらでした。
なるほど、そうゆうチケットの割り振り方もあるんやな。
現にりんごの列は隣りに見知らぬ男がいるだけで、1列にたったの2人でした。笑


PUFFYは売れっ子だったので曲をいっぱい知っている気がするのですが、せいぜい10曲くらいしか聴いたことないんですよね。
20周年てことで5年毎に区切って演っていたけれど、ちゃんと知っているのは初めの5年です。
りんごみたいな人も多いのでしょう。
始めの5年が終わると、
由『ここからが勝負よ。常に笑顔を忘れずに』笑


ステージには何の装飾もなく、ライトも必要最小限です。
春にも20周年のツアーをやったって言ってたから、その時は派手にしたんですかね。


2人のMCは独特で面白いし可愛いし。
上手くもない歌を熱唱する姿は微笑ましいものでした。
『先祖が忍者だったって人はどれぐらいいる?』
『甲賀のことはどう思ってる?』
『甲賀の人と一緒になります。って言って親に反対された人は?』
亜美ちゃん質問集でした。


行きはコミュニティバスに乗って会場まで来ましたが、帰りにバスは走っていません。
田舎ですから、なかなかの暗闇を黙々と歩いて帰りました。
PUFFY3.jpg
暗闇を同じくライブ帰りの車が通りますので、轢かれぬようグッズをバッグに付けておきました。
当初は日帰りを想定していたのですが、せっかくなのでと1泊しております。
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

りんご嬢

Author:りんご嬢
京都生まれの京都育ち。
でも市民ではないよ。
ちょっと外れの京都府民。
街が好き。
パンが好き。
甘い物も好き。
そもそも、食べることが好き。

最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
QRコード
QRコード